フェムテック市場ってどんな市場?主要プレイヤーと期待値

投稿日

最終更新日

  • フェムテック
  • 企業リスト

フェムテック市場ってどんな市場?主要プレイヤーと期待値

フェムテックの世界の市場規模は将来的に5兆円になるとも言われるほど大きな市場であるということが近年言われています。 一方で、国内でも同様の市場の動きが起こりうるのかは今後の動向をみていく必要があると考えています。 また、医学的な妥当性については今後の検討やデータ蓄積を待つ必要があることにも注意が必要です。

本記事ではそうした、国内の主要プレイヤーと現在のビジネスモデルについて調べていこうと思います。

現在のフェムテック市場のサービス分類

  • PERIOD HEALTH / 月経
  • WOMEN WELLNESS / 女性の健康 全般
  • SEXUAL WELLNESS / セクシャルウェルネス
  • PREGNANCY & MOTHER CARE / 妊娠&産後ケア
  • FERTILITY SOLUTIONS / 不妊、妊よう性

参考: https://note.com/hellofermata/n/n8da80ebeb0ba こちらの内容を踏襲

現在のビジネスモデル

直接製品を販売する以外の方法を整理すると、基本的には下記のような形で、4パターン程度に集約可能です。

FERTILITY SOLUTIONS/不妊、妊よう性

  • 妊活で検査・治療を行う夫婦・カップルは、現在6組に1組に上ります。その中で150万〜200万組ほどが病院で治療しています。(第15回出生動向基本調査)
  • 人工授精や体外受精は自由診療のため、費用は全体平均でも50万〜70万円です。2015年時点で体外受精で5万人が誕生しており、これは新生児の17人に1人という割合です。(日本産科婦人科学会アートデータブック)

MEDERI株式会社(MEDERI Inc.)

事業概要

  • 妊娠を希望する女性向けの栄養サプリメント、膣内細菌環境のチェックキット、コーチングなどをセットで行える「Ubu」をD2Cで販売しています。今後は在宅女性ホルモンチェッカーとコーチング、ECサイトを合わせたサービスも展開予定とのことです。

実績

  • シードラウンドでの3000万円の資金調達、ananやTechCrunch等の各種メディアへの掲載、前澤ファンドへの採択があります。

会社概要

  • 東京都渋谷区に本社をおき、代表取締役は坂梨亜里咲氏が務めています。代表取締役自身の不妊治療における原体験から2019年に企業へ至っています。「私だけの人生を見つけるサポートをし、女性とパートナーの笑顔が絶えない社会をつくる」というビジョンを掲げています。

株式会社ファミワン

事業概要

  • 妊活コンシェルジュのファミワン、妊活ライブ、企業の妊活・キャリアセミナー などのコンサル、メディア教育事業、仕事支援を行なっています。夫婦への有償妊活プログラムの販売、創薬に向けたデータ販売、医療機関への送客などでマネタイズを目指しています。

実績

  • 2017年にOpen Network Lab 第15期プログラムに採択、プレシリーズ A ラウンドで約1.5億円を調達、NHK、日本経済新聞、TechCrunch等の各種メディアへの掲載などがあります。

会社概要

  • 東京都渋谷区に本社をおき、代表取締役は石川 勇介氏が務めています。代表取締役自身の妊活経験の原体験から2015年に企業へ至っています。 「子どもを願うすべての人によりそい、幸せな人生を歩める社会をつくる」というビジョンを掲げています。

natural tech(ナチュラルテック)株式会社

事業概要

  • 女性の生涯に起きるライフステージの変化に寄り添う形で、自然素材や安全性を重視したサプリメントの提供をD2Cで行なっています。現在まで三種類のサプリメントが販売へ至っています。

会社概要

  • 東京都に本社をおき、代表取締役は竹内太郎氏が務めています。前職で得られたヒアリング課題を元に2018年に企業へ至っています。 「新たな時代に生きる 女性の生涯に寄り添う」というミッションを掲げています。https://naturaltech.jp/

株式会社ninpath(ニンパス)

事業概要

  • 治療記録・管理、第三者の治療データとの比較を目指した不妊治療サポートサービスです。

会社概要

  • 東京都に本社をおき、代表取締役は神田大輔氏が務めています。キッズプランニングからの独立という形で2020年に企業へ至っています。

妊活ボイス / 株式会社CURUCURU

事業概要

  • 妊活情報専用のSNSでコミュニティ形成も促す妊活ボイスをサービスとして展開しています。

実績

  • 日本経済新聞電子版、NEWSなふたり(TBSテレビ)などの各種メディアへの掲載があります。

会社概要

  • 株式会社CURUCURUとして愛知県名古屋市に本社をおき、代表取締役は時田由美子氏が務めています。「ITで女性のライフスタイルを豊かにする」というビジョンを掲げて「ゴルフライフ事業」と「ライフイベント事業」を行なっており、「ライフイベント事業」として妊活SNSの妊活ボイスを行っています。
  • https://curucuru.co.jp/
  • https://www.ninkatsu-voice.jp/

PERIOD HEALTH / 月経

  • 若者の5人に1人が生理の貧困を経験しています(みんなの生理)
  • 生理痛やPMSなどの月経困難症による労働力の低下による経済的損失は年間6828億円といわれている(バイエル薬品が日本人女性約2万人に実施した調査結果)

ルナルナ / 株式会社エムティーアイ

事業概要

  • 次の生理日や排卵日情報、日々の体調が記録可能で、妊娠しやすい時期/妊娠しづらい時期などの情報を得ることができる生理日管理アプリ「ルナルナ」を運営しています。「すべての女性に寄り添い社会の変化を後押しすることで、女性の幸せの実現に貢献する。」というサービスビジョンを掲げています。医療機関への受診サポート、不妊治療管理サポート、広告費用などでマネタイズしています。

実績

  • 2020年11月時点で1600万ダウンロードを記録、東京都との連携協定、大学との共同研究による論文報告などがあります。

会社概要

  • 運営は株式会社エムティーアイが行っています。東京都新宿区に本社をおき、代表取締役は前多俊宏咲氏が務めています。フィンテック事業以外にも多くのヘルスケア事業やセキュリティ関連アプリ事業を行なっており、「世の中を、一歩先へ。」というビジョンを掲げています。
  • https://sp.lnln.jp/brand
  • https://www.mti.co.jp/

スマルナ / 株式会社ネクイノ

事業概要

  • オンライン診療でピルを処方するアプリです。

実績

  • 2021年4月時点で50万ダウンロードを記録、ananやVOGUE GIRL(WEB版)など各種メディア掲載、いくつかの市町村と連携も行なっています。

会社概要

  • 2016年に創業した株式会社ネクイノが運営、大阪府大阪市に本社をおき、代表取締役は石井健一氏が務めています。「世界中の医療空間と体験をRe▷designする」メディカルコミュニケーションカンパニーを掲げ、フィンテック事業以外にも多くのヘルスケア事業を行なっています。
  • https://smaluna.com/
  • https://nextinnovation-inc.co.jp/

WOMEN WELLNESS / 女性の健康 全般

  • 出産退職20万人、経済損失は1.2兆円(2018年第一生命経済研究所)という情報もあります。

株式会社ジョコネ

事業概要

  • 産後の身体の回復をサポートする助産師と女性トレーナーによる骨盤底筋と腹筋を中心としたパーソナルボディトーニングプログラム「底トレ®ママ」やヘルスリテラシーを高める勉強会などを運営しています。

会社概要

  • 2019年に創業した株式会社ジョコネが運営、東京都千代田区に本社をおき、代表取締役は北奈央子氏が務めています。「すべての人が自分を大切に生きられる社会をつくります。」をビジョンにしています。
  • https://joconne.com/

SEXUAL WELLNESS / セクシャルウェルネス

  • 2025年までにセクシャルウェルネス市場は世界で400億ドル規模に成長するとも言われています(ReserchandMarkets, Sexual Wellness Market - Global Outlook and Forecast 2020-2025, Jul2020)

iroha / 株式会社TENGA

事業概要

  • 女性にとっての使いやすさと安心感を追求したデザインのセルフプレジャーアイテムやボディケアアイテムを販売しています。

実績

  • 女性セブンやRayなど沢山のメディア掲載、実店舗展開などを行なっています。

会社概要

  • 2005年に創業した株式会社TENGAが運営、東京都に本社をおき、代表取締役は松本光一氏が務めています。「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」をコンセプトにおしゃれでスタイリッシュなセルフプレジャーアイテムを軸に展開しています。
  • https://iroha-tenga.com/

PREGNANCY & MOTHER CARE / 妊娠&産後ケア

  • 出産退職20万人、経済損失は1.2兆円(2018年第一生命経済研究所)という情報もあります。

BONYU / 株式会社Bonyu.lab

事業概要

  • 授乳期間中の母親が自身の母乳の栄養状態を確認し、 ”必要な栄養と食事”のフィードバックを貰うことのできる「Bonyu Check」を運営しています。

実績

  • ピジョン株式会社を割当先とする1.5億円の第三者割当増資が実施されています。

会社概要

  • 2018年に創業した株式会社Bonyu.labが運営、東京都千代田区に本社をおき、代表取締役は萩野みどり氏が務めています。代表取締役が母乳育児に悩んだ原体験から創業へ至っております。
  • https://www.bonyu.me/

最後に

  • 対面のコミュニケーションでは話題になりにくい、女性特有の健康や性の問題をテクノロジーで解決する重要性が増してきています。
  • これはスマートフォンやSNSの普及、Z世代の価値観やニーズの反映によるグローバリゼーションが大きく影響していると考えられます。
  • 日本においても多くの企業が参入してきており、市場規模や社会的課題感からも今後さらに盛り上がっていくことは間違いないです。
  • フェムテックが解決する問題は社会課題です。これを通して、国家、民族、性などを含めた多様性を許容できる社会の実現が見えてくる可能性あります。

脳神経内科医師。予防医療(神経、宇宙、死生観、生活習慣病)が最大の関心事。 産官学民で力を合わせて持続的に楽しく、社会課題の解決ができればと夢見ている。 好きな食べ物は小豆(粒あん派)と果物サラダ。 学生時代に100kmマラソンとガンジス川でのバタフライを友人と達成している。