GAFAMが仕掛けるヘルスケア事業-Google編

投稿日

最終更新日

  • Google

GAFAMが仕掛けるヘルスケア事業-Google編

はじめに

  • GAFMAはヘルスケア投資を加速させています。 2020年は、GAFMAのヘルスケア関連の投資が、相次いで発表された年でした。
  • グーグル(アルファベット)、アップル、フェイスブック、マイクロソフト、アマゾンのIT大手5社がヘルスケア市場への進出を加速させており、それぞれが特定の領域に狙いを定めて動いています。
  • 病気やコストの増加、医療サービスにもスピードと利便性を求める利用者の意識の変化など、医療を取り巻く環境は変化しており、医療関連組織は対応を迫られています。さらにテクノロジーの導入は、医療機関にとってコスト削減や収入増につながります。
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)の本格化が必須となっている米国の医療機関や関連組織にとって、データの蓄積と技術力を持つIT大手5社は魅力的な連携先です。普及が進んできた電子カルテ(EHR)を組み込むために、インフラやIT戦略の再構築も求められています。
  • これらのIT企業によるイノベーションは、医療分野の関係者にとって多くのチャンスを生み出す一方で、既存組織の活動領域を侵食する脅威ともなっています。
  • 今回はGAFAMのヘルスケア戦略の中でもGoogleについてみていきます。

サマリー

  • Google         :得意の検索エンジン、AI技術で精密医療の研究開発に活用。
  • Apple   :臨床研究にウェアラブルデバイスを役立てる取り組みを発展。
  • Facebook    :コンシューマー向けのウェアラブルデバイスと健康情報管理システムの開発
  • Microsoft    :医療機関向けのクラウドサービスに注力。
  • Amazon    :医薬品の宅配、医療用品の配送、遠隔医療など。

Google

グーグルはここ数年で買収・提携・新規事業といった形でヘルスケア分野に多大なリソースを割いています。

Verilyによる保険事業への参入

https://verily.com/
https://verily.com/press/

2020年8月にAlphabet子会社でヘルステック企業のVerilyが、大手保険グループのSwiss Reの支援を受け、子会社「Coefficient Insurance Company」の立ち上げを発表しております。2019年11月に、グーグルがフィットネストラッカーのFitbit社を約2,100億円超で買収していたのはその布石であったと考えられます。理由としては得られる個人のヘルスデータを活用して、データドリブンな保険商品を設計していくこと可能になってくるからです。それによって、企業にとってもユーザーにとってもwin-winな関係を構築することが可能と考えられます。大手保険会社 Swiss Re と提携していること、研究機関や大手製薬会社と提携し、事業展開していることから本気度も伺えます。また、デ ータ収集の場として保険に目をつけているとも言えます。

VerilyはGoogle X の一部門で生命科学プロジェクトとして 2012 年にスタートしました。2015 年に現社名となっています。「人々がより健康的な生活を楽しめるように、健康に 関するあらゆるデータを収集・整理・統合する」ことをミッションとしています。2017 年から、米デューク大学医学部、スタンフォード大学医学部との 5 年間の共同研究プロジェクト Project Baseline を開始しています。人間の一生における生体データを記録し、疾患との関連性分析し、健康な生活により活かしていこうとしています。10000 人分のデータ収集を目指しており、睡眠時間・運動量・ 食事の内容・ワクチンの接種・血液検査等のデータを収集するためのツールとして、スマートウォッチ「Verily Study Watch」を開発しています。同機器は2019 年に、心電図機能について FDA(米食品医薬品局)の認可を取得しています。武田薬品工業は、2018年に「Study Watch」を使って、日本のパーキンソン病患者を対象に共同研究を日本で進めています。

Study Watchを通してパーキンソン病の患者から得られたバイタルサインや運動症状などのデータを解析することで、病気に関する新たな知見を得て、効果的な治療法の開発に適用することを狙っています。 2019 年にはProject Baseline を刷新し、メイヨークリニック等 6 つの研究機関との提携に拡大しているほか、Novartis、大塚製薬、Pfizer、Sanofiの 4 社との提携を発表しています。加えて、眼科デバイスの開発と商業化を進めるべく、参天製薬と合弁会社を2020年に設立しています。マイクロエレクトロニクスと機械学習を活用し、近代的な眼科診療を支援するためのソリューションの開発、緑内障やドライアイなどの眼科疾患の治療のためのプロジェクトを進めるとのことです。診断だけでなく、治療法の改善や適切な介入ができるソリューションの開発、新たな眼科用デバイスの開発と商品化も目指しています。視力障がいの約8割は、早期発見と早期治療で予防できると言われており、デジタル技術とツールは、より予防的なソリューションを開発するための選択肢となりえます。

Fitbit

https://blog.google/products/devices-services/agreement-with-fitbit/
https://www.fitbit.com/global/jp/home

2019年11月にFitbitを約2200億円で買収開始、2021年1月に完了しています。Fitbitは2007年に創業、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスを展開、100カ国以上で1億2,000万台以上を販売し、2,900万以上のアクティブユーザーを抱えています。今回の買収はFitbitの技術や製品の専門知識、健康とウェルネスのイノベーションを、GoogleのAI、ソフトウェア、ハードウェア技術と組み合わせていくためのものとしています。加えて、2021年5月にGoogleとサムスンが提携し、Googleのスマートウォッチ用OS「Wear OS」を刷新すると発表しています。Fitbitの機能がWear OSに追加されるほか、Wear OSを採用したFitbit独自のスマートウォッチの開発も計画されています。

皮膚画像アプリケーション

https://health.google/health-research/imaging-and-diagnostics/#dermatology%20https://abc.xyz/

Google I/Oは2021年は5月に「スマートフォンカメラをかざすことで、皮膚・髪・爪の異常を識別するアプリケーション」についてプレスリリースを出しています。 このアプリケーションはウェブベースで提供され、異なる角度から3枚の病変画像を撮影した上で、症状についてのいくつかの質問に答えることで、AIアルゴリズムは「皮膚科医からの確からしい情報」を一致する画像とともに提示してくれます。ツールはあくまで「信頼できる情報へのアクセス」をサポートするもので、診断や医学的アドバイスを目的とはしていないといいますが、Nature Medicine, JAMA Network Openへの論文では、同社AIによる識別精度が専門医と同等である可能性を示しています。また、同AIモデルはEUにおいてクラスI医療機器としてCEマーク認証も受けています。

HCA Healthcare

2021年4月にHCA HealthcareとGoogle Cloudが新規のパートナーシップを締結しております。HCA Healthcare(米国有数のヘルスケアプロバイダーとして知られる。米20州および英国に186の病院と手術センター、ER、救命救急センター、診療所などを多数展開)。 HCAは既に9万台に及ぶモバイルデバイスを実臨床導入おり、Google Cloudとの提携によって医師・看護師などの医療者は「ワークフローツール・アラート・分析」といった各機能をこれらデバイスを通して利用可能となり、患者の状態変化への迅速な対応や効果的な意思決定が可能となる見込みです。加えて、メイヨークリニックとの連携を2019年から行っており、ミネソタ州ロチェスターに新拠点をオープンもしています。

AlphaFold v2.0

https://health.google/health-research/imaging-and-diagnostics/#dermatology%20https://abc.xyz/

2021年7月、Alphabet傘下のDeepMindが、遺伝子配列情報からタンパク質の立体構造を解析するAI「AlphaFold v2.0」(以下、AlphaFold2)をGitHub上で無償公開しました。生物系の研究者からは「革命的な成果だ」「これからの研究の前提が変わっていく」など、AlphaFold2の予測精度に対して驚きの声が相次いでいる状況です。加えて、グーグルが提供する「DeepVariant」と呼ばれるソフトは、シーケンシングデータから正確な個人のゲノムの図を作成します。これらの研究は今後の創薬AIにも繋がるような研究と考えられています。

眼科画像系AI

https://health.google/health-research/imaging-and-diagnostics/#dermatology%20https://abc.xyz/

2018年2月、Alphabet傘下のGoogleおよびライフサイエンス企業Verily Life Sciencesでは、深層学習アルゴリズムを利用して人の網膜の画像を分析することで、心血管疾患のリスクを予測できることを示しています。論文は、医用生体工学分野の学術誌「Nature Biomedical Engineering」に掲載されています。2018年8月にグーグル傘下のAI企業ディープマインド(DeepMind)は、網膜の3Dスキャン画像から50タイプ以上の眼の疾患を検出できるAIを開発しています。 ロンドンにあるムーアフィールズ眼科病院(Moorfields Eye Hospital)との共同研究の成果を医学雑誌「Nature Medicine」で発表しています。 AIは、糖尿病性網膜症や加齢黄斑変性などの眼疾患を専門の臨床医と同じくらい正確に診断したと同社は述べています。医療画像AIについては他にマンモグラフィから乳がんをスクリーニングするアルゴリズム、肺CTから肺癌をスクリーニングするアルゴリズム、病理医を補助し前立腺生検の診断精度・効率・一貫性を向上させるAIアルゴリズム(JAMA Network Open)なども開発し論文発表しています。

まとめ

  • 以上からもわかるように、検索エンジンから派生し、画像系AI、構造解析系AI、PHRからの保険事業、スマートデバイス、クラウド事業などを軸に展開しています。
  • しかしながら、情報を収集整理し解析、利用していく形で事業を行なっていることは同じです。
  • ヘルスケアに注力すると会社が宣言しているように、今後も目が離せません。

参考記事

https://cloud.google.com/customers/hca?hl=ja
https://corporatesolutions.swissre.com/insights/news/coefficient-employer-stop-loss.html
https://health.google/health-research/imaging-and-diagnostics/#dermatology
https://abc.xyz/
https://verily.com/
https://verily.com/press/
https://blog.google/products/devices-services/agreement-with-fitbit/
https://www.fitbit.com/global/jp/home
https://health.google/health-research/imaging-and-diagnostics/#dermatology%20https://abc.xyz/
https://cloud.google.com/press-releases/2021/0526/hca-healthcare-digital-transformation
https://health.google/health-research/imaging-and-diagnostics/#dermatology%20https://abc.xyz/

Healthtech DB編集部です。Healthtech DBは国内のヘルステック領域に特化したビジネスDBです。日々のヘルステック業界の動向に関する記事作成やウェビナー運営、企業・サービスに関するビジネスDBの構築を行っています。