記事

記事がありません

企業/業界

MEDRiNG株式会社

スマートクリニックチェーンを、ベトナム全土へ、東南アジアへ
    MEDRiNG株式会社

    株式会社miup

    「世界の隅々にまで、人に、まっすぐな医療を届ける。それも、最短で最速な方法で。」を目的としてICTを駆使した効率的な医療システムの創出に取り組む企業。 同社が取り組んでいるのは、AIやICTを活用した医療技術の研究開発である。“健康に関するデータを用いて、健康管理、診断補助、予防を時系列的に追う、効率のいいウェルネスエコシステム”を作ることを目指している。創業以来、症状が出る前に利用できる検診サービスや、症状が出た後に用いる問診AIシステム、遠隔での医療を実現するビデオチャットなどの開発・研究に取り組んできた。2022年には世界の医療費支出の3分の1は、新興国で行われているという事実をもとに同社は、ターゲットのバングラデシュにおいて、農村部に対してはAIやICTを使ったシステムを活用し、個々人に合った医療をより効率的に提供する研究開発を進めている。バングラデシュで成功モデルをつくり、そのモデルを世界中に広げることを目指している。 2022年2月には、これまでターゲットとしていたバングラデシュだけでなく、インド、インドネシア、アフリカ諸国等への進出を視野にデータを活用した医療エコシステムづくり及びグローバルヘルスへの貢献を目指すため、豊田通商を引受先とする第三者割当増資を実施した。
      株式会社miup

      医療法人社団ナイズ

      CAPSが運営会社
        医療法人社団ナイズ

        株式会社omniheal

        医療・ヘルスケアに特化したクリエイティブ・エージェンシ。医療機器開発や医療監修、ブランディング、開業支援など幅広い
          株式会社omniheal

          株式会社Linc' well

          クリニックチェーンの運営、サプリメントの販売を行っている。2021年、ベインキャピルをリード投資家として約80億円を調達。
            株式会社Linc' well

            株式会社Inazma

            「日々の健康を支援し、誰もが前向きに暮らせる世界をつくる」をミッション、「どこにいても、健康が守られるヘルスケアシステムを構築する」をビジョンとしてクリニック向けのアプリケーション開発を行う企業。主な事業は3つで、「クリニックの受診者体験を変える、アプリケーションの開発」「医療機関の診療を変える、アプリケーションの開発」「上記アプリケーションによって最適化された、クリニックのマネジメント」である。「クリニックの受診者体験を変える、アプリケーションの開発」では、予約からキャッシュレス決済まで、かんたん便利なアプリケーションをクリニック向けにリリースしている。「医療機関の診療を変える、アプリケーションの開発」では、医療スタッフにとって使いやすい、データ処理アプリケーションを提供している。「上記アプリケーションによって最適化された、クリニックのマネジメント」では、一歩先をゆくクリニックを想定し、開発したアプリケーションを活用しクリニックに対し様々な提案を行っている。2021年10月にはLINEで予約、医師が診療と処方、決済を行い、ピルが受診者の手元に届くサービス「iyoyo」を開始した。3000万円以上の資金を調達済み。
              株式会社Inazma

              CAPS株式会社

              500Startup投資先、クリニックチェーンのマネジメント等。
                CAPS株式会社

                株式会社TENET

                オンライン診療に特化したデジタルクリニックを展開。当初はメンタルヘルス領域のクリニックDXを謳っていたが、現在はAGAに関する自由診療でのオンライン診療及び処方に関するサービスを展開している。創業者の花房氏は2014年よりアランプロダクツを創業し、ヘアラボ(旧ハゲラボ)というAGA領域に特化したWebメディアを展開。キュレーションメディアブームの中で、確かな足跡を残しその後企業はユナイテッドによって買収された。またアランプロダクツもヘアラボもユナイテッド社による事業再編・整理の中で解体された。TENET社はアランプロダクツ時代の仲間と共に創業されており、ヘアラボに続くAGA領域での挑戦となる。
                  株式会社TENET

                  ニュース

                  【救急搬送困難を解消】『TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業』が救急医療情報サービス「Smart119」の実証実験を実施

                  株式会社Smart119のプレスリリース(2022年1月14日 11時00分) 救急搬送困難を解消 『TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業』が救急医療情報サービス[Smart119]の実証実験を実施
                  【救急搬送困難を解消】『TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業』が救急医療情報サービス「Smart119」の実証実験を実施

                  365日年中無休の小児科クリニック「キャップスクリニック板橋」を2022年2月1日(火)に開院予定

                  医療法人社団ナイズのプレスリリース(2021年12月1日 10時00分)365日年中無休の小児科クリニック[キャップスクリニック板橋]を2022年2月1日(火)に開院予定
                  365日年中無休の小児科クリニック「キャップスクリニック板橋」を2022年2月1日(火)に開院予定

                  シリーズCで約80億の資金調達を実施、テクノロジーを通じた医療のDXを牽引 | Linc’well

                  テクノロジーを通じて、医療を一歩前へ | Linc’well(リンクウェル)は2018年創業のヘルスケアスタートアップです。我々は、医療のIT化を通じて、人々と社会の健康に貢献します。
                  シリーズCで約80億の資金調達を実施、テクノロジーを通じた医療のDXを牽引 | Linc’well

                  米ベイン、医療ITのリンクウェルに出資 新興投資加速

                  米投資ファンドのベインキャピタルは医療IT(情報技術)システムを手掛けるリンクウェル(東京・港)に出資する。金額は50億円程度とみられる。ベインが日本のスタートアップに投資するのは2社目。これまでは成熟企業への投資が中心だったが、日本でも有力スタートアップが増えてきたことを受けて投資領域を拡大する。リンクウェルは医師で米コンサルティング大手マッキンゼー出身の金子和真氏らが2018年に設立した。
                  米ベイン、医療ITのリンクウェルに出資 新興投資加速

                  事業情報