医療機器やウェアラブルデバイスについて、各種メーカーや製品の比較など

記事

今後新たに普及していくのはどのようなウェアラブルデバイスか?

医療機器
  • ウェアラブル機器
  • スマートデバイス

今ウェアラブルデバイスで取得できるデータにはどんな種類があるのか?

医療機器
  • ウェアラブル機器
  • スマートデバイス

視力に代わる感覚デバイス SYN+で拓けた未来: 株式会社Raise the Flagインタビュー

医療機器
  • 視覚障害
  • 視覚感覚デバイス

アイリス株式会社が、AIを搭載した日本初の「新医療機器」となるnodoca®の製造販売承認を取得

医療機器
  • インフルエンザ
  • AI医療機器

海外の片頭痛デジタルソリューションと日本の動向

医療機器
  • 偏頭痛
  • 海外

AMED、予防・健康づくりの社会実装に向けた研究開発基盤整備事業を3月中旬から開始

医療機器
  • AMED
  • 公募

NTTドコモ、第二種医療機器製造販売業の許可取得。シームレスなAI医療サービス提供へ

医療機器
  • メドレー
  • ICT

国内資金調達ニュース:株式会社マリが3億円のシリーズA調達を実施

医療機器
  • 資金調達
  • 医療機器開発

ウェアラブルデバイスの現在地

医療機器
  • Apple watch
  • Fitbit

企業/業界

株式会社モリタ製作所

京都府に本社を置く歯科器械メーカー。製造・販売・流通を手掛け、歯科業界を牽引するモリタグループの企業の一つ。グループは日本国内には50の営業拠点を持ち、海外では6つの販売会社を拠点として世界に展開。モリタ製作所の経営理念は、「質の高い医療の普及のため 最良の製品・サービスを提供し 社会に貢献する」。1916年に歯科用器械・材料の輸入販売を行う「森田歯科商店」として創業。2017年に、同一業種で、100年以上京都府内で営業を継続し、他の企業の模範となる企業に与えられる「京の老舗表彰」を受彰。歯科器械の製造・開発を手掛けるようになったのは、1927年に初の国産歯科用ユニットを製造して以降であり、現在は、歯科以外の耳鼻咽喉科・放射線科・獣医科等の画像診断機器などの医療機器、製品の製造・開発も行う。歯科用の機器は、画像診断機器や診療ユニット、ハンドピース・インスツルメント、根管治療機器、レーザー機器、歯科教育実習用機器など。歯科用X線装置「ベラビューX800」と診療ユニット「スペースラインEX」は「iFデザイン賞 金賞」を受賞し、「スペースラインEX」については2018年度の「グッドデザイン賞・ベスト100」にも選定される。
    株式会社モリタ製作所

    株式会社歯愛メディカル

    2000年1月、歯科関連製品を扱う商社として設立。石川県に本社を置く。2016年5月に、株式会社日本格付研究所(JCR)による「JCR中堅・中小企業格付け(継続)」では最高評価の「aaa」を取得。同年6月には、東京証券取引所TOKYO PRO Marketに上場し、2019年12月に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に市場変更。また、同月、経済産業省の「地域未来牽引企業」に選定。通販や歯科技工物制作、デンタルマガジン出版、ホームページ作成代行、医療機関向けの電気販売・買取、歯科医院の予約管理システムの提供などの事業を手掛ける。通販に関しては、歯ブラシの販売本数・通販売上高が歯科業界NO.1。全国の歯科医院の9割以上、約6万軒と取引を行っており、歯科用の機材・ソフトウェアの提供も販売。また、歯科だけではなく、病院・一般診療所・介護施設・動物病院・一般向けなどに対象を拡大しており、カタログやオンラインストア「Ciモール」を通して製品を販売。電気事業では、Ci商品購入金額の1%分の割引制度や太陽光パネル設置サービス、電力市場を利用しない仕組みなどがあり、「Ciでんき」の2021年時点の契約件数が17,000件を超え、医療機関向けではトップシェアを誇る。
      株式会社歯愛メディカル

      株式会社ジーシー

      歯科医療業界のリーディングカンパニー。海外にも多くの拠点を持つ。1921年に東京・池袋でヂーシー化学研究所として創業し、1991年に而至歯科工業株式会社から株式会社ジーシーに社名を変更。社是は「施無畏」であり、「健康長寿社会を実現する歯科界のリーディングカンパニーとなる」ことをビジョンに掲げる。事業では歯科材料、歯科用の機械・器具の製造販売を行い、製品数は約845種・24,669品目に達し、歯科材料の分野では国内シェアNo.1。製品の品質管理を徹底しており、業界初の「ISO9001」、「ISO13485」、「ISO14001」を取得。2000年に、一般財団法人日本科学技術連盟主催の「デミング賞実施賞(現デミング賞)」を受賞し、2004年には「日本品質管理賞(現デミング賞大賞)」を世界で18番目に獲得。「企業の品質経営度調査」では、2016年の第9回目では1位、2014年の第8回目と2018年の第10回目では2位。また、運営する歯科医療従事者向けの有料会員組織「GC友の会」は、会員数が5万人を超え、国内開業歯科医師の47%が入会。一般向けには、「歯とお口の健康情報サイト」・歯科の総合情報サイト「MI21.net」のサイト運営のほか、介護職料理教室などを提供していた「カムリエ」をプロデュース。
        株式会社ジーシー

        株式会社吉田製作所

        1906年11月に山中卯八 氏が借工場で独立・開業したことで創業し、1948年に株式会社吉田製作所を設立。老舗歯科機械メーカー、ヨシダグループの企業の中で最も長い歴史を持つ。事業は歯科医療機器の開発・製造など。1958年に日本初のエアタービン、1985年に業界初の炭酸ガスレーザーを応用した歯科医療機器を開発し、業界を牽引。そのほかに、歯科医院にあるチェア(ユニット)やレントゲン・歯科用CTといった画像機器、技工・設備機器などの開発も行い、歯科医院の先生に必要なものは「すべてYOSHIDAで揃えられる」ことを謳う。また、歯科医院の内装開発事業、予防歯科事業、歯科業界で培った技術を活かした永久磁石タイプのMRIの開発を行う医科事業、X線を使用せず、日本発・世界初となる非侵襲性の赤外線を使用する歯科用画像診断装置「オクティナ」の研究開発を行う。表彰・デザイン賞については、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)の「JIDAデザインミュージアムセレクション」に歯科用ユニット「エクシードシェーズ」が選定、2008年に財団法人日本産業デザイン振興会主催の「デザインエクセレントカンパニー賞」を受賞、「グッドデザイン賞」では17製品が獲得。
          株式会社吉田製作所

          株式会社志成データム

          電子機器、情報機器、医療機器の開発・製造
            株式会社志成データム

            CYBERDYNE Omni Networks 株式会社

            サイバニクス分野におけるIoH/IoTに関する通信事業、通信デバイス提供、及びこれに関連するサービス事業
              CYBERDYNE Omni Networks 株式会社

              PLIMES株式会社

              嚥下機能の計測・モニタリング技術を研究・開発
                PLIMES株式会社

                アドリアカイム株式会社

                慢性心不全発症を抑制する迷走神経刺激デバイスの開発を行う。
                  アドリアカイム株式会社

                  朝日インテック株式会社

                  朝日インテックは、ガイドワイヤーをはじめとするカテーテル治療用製品を開発・製造・販売しています。「ガイドワイヤー」をはじめ、「ガイディングカテーテル」、「バルーンカテーテル」といった、カテーテル治療に不可欠な医療機器を主力として開発・製造・販売を行っているのが朝日インテックです。 カテーテル治療に使われる製品には、直径わずか0.35mmという細さのものも。朝日インテックは、医療機器分野における卓越した開発力と製造技術で、日本国内のみならず、世界でも高いシェアを誇っています。
                    朝日インテック株式会社

                    株式会社アステム

                    各種医療・福祉機関に対する医療用医薬品、医療機器・設備
                      株式会社アステム

                      AMI株式会社

                      2015年に創業。心電・心音の同時計測と独自アルゴリズム及びデータ処理により、心臓聴診において、医師の診断をアシストする情報を提供する「超聴診器」(正式名称:心疾患診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器)を開発するベンチャー企業。心筋活動電位の発生タイミングとデジタル化された聴診音を抽出し合成することで、ノイズを取り除き疾患に繋がる心雑音のみを自動的に検出する。また、これに対応したビデオチャットシステムの開発も行う。聴覚情報だけでなく、視覚情報という定量的な画像データを見ることでこれまで難しかった遠隔聴診を可能にした。将来的には「クラウド総合病院」構想の実現を目指す。これは、全国に散らばっている医師がクラウド上において集団を形成し、災害時やへき地医療の現場においていつでもその医師たちの力に頼れるという構想である。これの第1歩として、「クラウド健進」に取り組む。これは、先述の「超聴診器」を軸に遠隔医療システムを構築するものであり、医療機関ではない様々な場所で受診可能である。 2022年2月に日清紡ホールディングスと肥銀キャピタルを引受先とする2.5億円の資金調達を実施したほか、同年3月には大室正志氏がStrategic Advisor(SA)に就任した。
                        AMI株式会社

                        株式会社フルケア

                          株式会社フルケア

                          PHC株式会社

                          PHCホールディングスの100%子会社。 PHCbiは、医療機関や大学、製薬企業に対し、試料の保存から細胞培養、クリーンな研究環境の維持、再生医療の研究開発に至るまで、ライフサイエンス研究で必要とされる革新的な機器とサービスを提供している。 PHCbiは、研究・医療支援機器やサービスを通じて、110か国以上の科学者や研究者の皆さまを支援している。PHCbiのソリューションにはCO2インキュベーター、薬用保冷庫や超低温フリーザーなどがあり、試料の保存から細胞培養、クリーンな研究環境の維持、再生医療の研究開発に至るまで多岐にわたっている。また、調剤業務や病院での給食業務に関わる製品・サービスを提供している。 医療従事者やライフサイエンス研究者の皆さまを支援する機器やソリューションの提供を通じて、新しい治療法や薬、ワクチンの開発に貢献している。(コーポレートサイトを参照)
                            PHC株式会社

                            株式会社LSIメディエンス

                            2014年創業 PHCホールディングスの子会社。 株式会社LSIメディエンスは、国内市場を中心にメディカルとサイエンスを融合したヘルスケアサービスを提供している。検査分析技術を基盤とするがん診断や遺伝子検査などの臨床検査サービス、診断薬・診断機器の提供、創薬支援を通じて、病気の予防、早期発見、効果的な治療の実現に努めている。 当社の臨床検査事業は、国内で上位3位の規模を誇る。当社が構築したラボオートメーション・システムは、 “より正確に、より迅速に”という、高度な臨床検査ニーズに対応します。生化学、血液学、免疫学、微生物学、遺伝学を含む多様な検査ポートフォリオをもつ臨床検査サービスを提供している。 また、多様な検査領域において、診断薬・診断機器の 幅広い製品ラインアップを取り揃え、迅速で的確な検査で医療機関をサポートしている。移動式免疫発光測定装置・PATHFAST™はその代表製品で、フルスケールの検査施設に匹敵する高い検査精度とコンパクト設計による優れた利便性を実現する。 LSIメディエンスは、2019年にPHCホールディングスの連結子会社となった。これからも、メディカルサイエンスの力によって健康で安心な社会の創造に貢献する。
                              株式会社LSIメディエンス

                              加賀電子株式会社

                              エレクトロニクス総合商社
                                加賀電子株式会社

                                株式会社 OUI

                                「医療を成長させる」という言葉を掲げ、医療の発展のために自らチャレンジし、その知見・技術を、全ての医師・医療現場に還元し続け、最高の医療サービスを創造し続ける慶應義塾大学医学部発のベンチャー企業。現役医師の視点を活かして、日々の診療業務から見つかる些細な問題点や、公衆衛生的なマクロな問題点まで、一つ一つ真摯に向き合い、解決策を見出し、そして、このソリューションを医療の成長に還元し、患者様に最高の医療を届けることを目指す。1つ目のプロダクトとして「Smart Eye Camera」を開発。Smart Eye Camera (SEC) は現役眼科医が、日本及び途上国での診療で感じた問題点を解決するために、自ら発案しゼロから開発を行った医療機器である。SECの開発によって、場所を選ばずに眼科的診察を行うことが可能となった。同サービスは、原因の半分以上が適切な診断と治療で克服が可能な白内障である失明を、ポータブルで簡便なSECを使っていち早く診断することで、失明のない世界を目指す。2022年3月には、AMEDの令和4年度「医療機器開発推進研究事業」に採択された。同研究事業は、国民により安全な医療技術を早期に提供することを目的として、日本で生み出された基礎研究の成果を、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」にもとづく医療機器の承認に繋げるため、実用化への見込みが高く、科学性及び倫理性が十分に担保され得る質の高い臨床研究・医師主導治験等を推進するものである。
                                  株式会社 OUI

                                  株式会社Lily MedTech

                                  女性に優しい「痛くない」乳がん検査装置を開発する女性起業家による東京大学発のベンチャー企業。元東京大学医学系研究科疾患生命工学センター教授であった東 隆氏の研究成果を基に、2016年に創業・設立。東京大学をはじめとする学術機関・医療機関の協力のもと開発を進めている。現状の乳がん検査で主流なマンモグラフィでは、課題として検査時の痛みや被ばくリスク、アジア人女性に多く見られる高濃度乳房(デンスブレスト)に対する精度低下などが挙げられることから、体への負担が少なく、高精度で乳がんの検査ができる画像診断装置を開発している。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する、2020年度「研究開発型スタートアップ支援事業/ Product Commercialization Alliance(PCA)」に採択され、約2億4,000万円の助成対象に決定した。2021年4月には乳房用リング型超音波画像診断装置 「 COCOLY (ココリー)」の医療機器製造販売認証を取得し、国内での販売を開始。同社の装置によって人生における選択肢が多い30〜50代の患者ができるだけ罹患前と同じような生活ができ、「乳がんと闘う」という言葉のない世界を目指す。
                                    株式会社Lily MedTech

                                    株式会社リバーフィールド

                                    手術支援ロボットの開発。東工大等発。
                                      株式会社リバーフィールド

                                      株式会社MEDITA(旧株式会社HERBIO)

                                      深部体温コンサル・体調記録サービス・研究支援
                                        株式会社MEDITA(旧株式会社HERBIO)

                                        株式会社インディー・メディカル

                                        コスモテックの子会社(エムスリーの子会社)・再生医療に特化
                                          株式会社インディー・メディカル

                                          ニュース

                                          医療機器、ヘルスケア、介護機器マッチング商談会 - ReHEARTTEK | リハートテック | タン練くんなどで誤嚥の問題を解決

                                          大阪産業創造館において、9/16にマッチング商談会が行われ、当社リハートテックも「タン練くん」を出展致しました。一日、三部制で行われ約100社の出展に対して、440社の入場がありました。 もともと、医療介護ヘルスケア業界 […]
                                          医療機器、ヘルスケア、介護機器マッチング商談会 - ReHEARTTEK | リハートテック | タン練くんなどで誤嚥の問題を解決

                                          日本で初めて開発された治療計画プログラムを付随した脳動脈瘤コイル留置用ステントが薬事承認

                                          株式会社アルムのプレスリリース(2022年8月31日 17時00分)日本で初めて開発された治療計画プログラムを付随した脳動脈瘤コイル留置用ステントが薬事承認
                                          日本で初めて開発された治療計画プログラムを付随した脳動脈瘤コイル留置用ステントが薬事承認

                                          OUI Inc.がKPMG Global Tech Innovator Competition in Japan 2022 でプレゼン優秀賞受賞

                                          株式会社OUIのプレスリリース(2022年7月28日 12時59分)OUI Inc.がKPMG Global Tech Innovator Competition in Japan 2022 でプレゼン優秀賞受賞
                                          OUI Inc.がKPMG Global Tech Innovator Competition in Japan 2022 でプレゼン優秀賞受賞

                                          株式会社MEDITAの新社外取締役/CSOに、インハウスハブ東京法律事務所足立昌聰氏が就任

                                          株式会社MEDITAのプレスリリース(2022年7月26日 10時00分)株式会社MEDITAの新社外取締役/CSOに、インハウスハブ東京法律事務所足立昌聰氏が就任
                                          株式会社MEDITAの新社外取締役/CSOに、インハウスハブ東京法律事務所足立昌聰氏が就任

                                          事業情報