株式会社Smart119
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用。
    株式会社Smart119

    株式会社Smart119

    音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用。
      業界
      救急医療機関DX
      所在地
      千葉県千葉市中央区中央2丁目5番1号千葉中央ツインビル2号館7階
      代表者
      中田孝明
      従業員
      10〜50人
      HP
      smart119.biz/
      法人番号
      9040001104713

      合計資金調達額

      -

      時価総額

      -

      設立

      4年目

      2018年

      Exit状況

      未上場

      主な出資者

      -

      合計資金調達額
      -
      時価総額
      -
      設立
      2018年
      Exit状況
      未上場
      主な出資者

      -

      事業情報

      期間サービス名内容ターゲットソリューション対象疾患

      2018 ~ 現在

      Smart119

      救急医の経験とIT/AI技術を組み合わせ、住民/救急隊が音声認識/AIの支援下に、スマートフォンやタブレットPCで効率的に情報を入力し、医療機関へ迅速共有することを可能とするサービスです。 現在、千葉市の全救急隊に本サービスを搭載したタブレットPCを配布し、システム検証実験を行っており、今後は多くの自治体への導入を目指しております。

      地方自治体 / 医療機関

      SaaS

      -

      2020 ~ 現在

      Smart Work

      シフト作成・勤怠管理を少しでも簡単に行えるように、現場からの要望を詳しくヒアリングし、現場の人数や様々なシフトパターンに対応できるシステムをご提供します。 また、医師の働き方会改革で問題となる「勤務か自己研鑽か」「研究」「外勤」など現場にあった集計が可能です。

      医療機関

      アプリ

      -

      2020 ~ 現在

      ACES

      救急医療需要増加時、簡単・迅速・柔軟に必要な医師への緊急連絡とその応対をリアルタイムに把握することで、人的資源不足という課題を解決し、救急患者受入体制を強化できるサービスです。

      医療機関

      SaaS

      -

      2020 ~ 現在

      Smart DR(Disaster Response)

      災害発生時、簡単・迅速な全職員への緊急連絡とその応対(安否確認(2)を含む)をリアルタイムに把握でき、病院に参集する職員の登録・配置などの管理をスマートに行えるサービスです。

      医療機関

      SaaS

      -

      2019 ~ 現在

      Smart TelMed

      LINEWORKSとSmart:TelMedを利用することで、簡単、確実にやり取りを保存し、電子カルテへの保存をすることも出来るようになり、オンライン診療を円滑に行う手助けをします。

      医療機関

      アプリ

      -

      2021 ~ 現在

      Smart RA(Research Archive)

      大学・医療機関・医局で生産される学会発表・論文など、様々な成果物を簡単に登録し、業績集作成・専門医更新・発表内容の共有など、成果物の効果的な活用を可能にするサービスです。

      医療機関

      SaaS

      -

      2018 ~ 現在

      Smart119スマートフォンアプリ

      飲んでいる薬や病気(入院や通院歴)など、予め救急医療に必要な情報をスマートフォンアプリに簡単に登録することで、救急隊と医師に情報を効果的に伝え、より早く正しい救急医療を受けられることを支援するアプリです。

      toC

      アプリ

      -

      ニュース

      機械学習を用いてICU入室患者の死亡率、在室期間を予測する千葉大学大学院医学研究院と株式会社Smart119の共同研究が国際科学誌『Scientific Reports』に掲載

      • 救急

      【救急集中治療医がマンガで解説】鼻血の知識と止血方法

      • 救急

      千葉大学発ベンチャー株式会社Smart119、千葉大学フロンティア医工学センターらと連携し、世界に先駆けてCRT(毛細血管再充満時間)測定装置の市販化を目指す

      • 救急

      東広島市が救急医療支援システム「Smart119」導入を決定、救急隊の現場・病院滞在時間の大幅削減を目指す

      • 救急

      【災害時の慢性期医療機関の事業継続に】長期療養者の治療を止めないために、BCPに準じた医療事業継続支援システム「レスポンサム」を白井病院が導入

      • 医療機関DX

      【イラストで解説】こどものための正しい火傷の応急措置と予防方法

      • 救急

      救急隊の「現場滞在時間の短縮」をテーマに『次世代救急医療シンポジウム Vol.2』をオンライン開催

      • 救急

      メンバー