株式会社きっとエイエスピー

海外の先端的IT技術製品の輸入・販売、並びに製品の導入運用支援関連製品を利用したクラウドサービスの開発を行う。
    株式会社きっとエイエスピー

    株式会社オプテック

    2005年5月に東海大学発ベンチャーとして設立。社名は「Open Technology」に由来。「歯科診療の高度化と医療機関の経営安定化を通して、健康で豊かな社会創りに貢献」することを目指し、歯科用電子カルテ・レセプトシステムなどの事業を手掛ける。2013年6月、厚生労働省の「歯科診療情報の標準化に関する実証事業」の実施会社に選定。2006年に歯科用初のSOAP方式電子カルテシステム「Opt.one®」の販売を開始し、2019年に「Opt.one3」として電子カルテ三原則に対応。「Opt.one3」やオプションサービスの特徴は、AIによる治療計画・カルテ作成支援、問診票作成、訪問診療対応、他社の予約管理・レントゲンシステムとの連携、服薬内容のチェックによるヒヤリ・ハットの防止、歯科衛生士の業務記録、レセプト業務、歯科医院内の情報集計、診察時の会話の自動テキスト化、カルテの記入漏れを防ぐ機能を持つことなど様々。2018年12月時点で、累計3000システムの設置を達成する。また、「Opt.One®」の開発技法は、オーム社が出版する「IT TEXTソフトウェア工学」の題材にもなっている。
      株式会社オプテック

      Deltan株式会社

      マウスピース矯正ブランド「hanalove」を運営。代表の井上佳洋 氏が不十分なマウスピース矯正の治療を受け、歯並びが治らなかった経験から、2019年10月に設立。「歯並びが整うことで、心も整い笑顔にする」ことを目指す。「hanalove」では、SNS「LINE」で相談が可能であり、歯科医師の診察、経過観察が行われるほか、自分で3Dシミュレーションによる矯正後のイメージをスマートフォンで確認することが可能。使用する矯正用のアライナーの製造においては、様々な口腔内スキャナーや石膏模型に対応しており、3Dプリンティングテクノロジーなどを組み合わせて作製。高品質を保証するために、工程においては厳密な運用条件・ルールが策定され、5回以上の検査も実施される。アライナーの材料には、FDAなどの認証を受けている医療用ポリマーを使用。日本やシンガポールなどアジアを中心に世界23ヵ国で3万件の治療実績を持つ。「hanalove」以外の事業としては、現役歯科医師が監修する歯科矯正に関するメディア「teeth life」の運営も行っており、「hanalove」ユーザーへのインタビューや他社のマウスピース矯正の比較、マウスピース矯正の費用・期間の解説記事などを掲載。
        Deltan株式会社

        株式会社CaTe

        株式会社CaTeは、「IoT×AI×医療・教育」をテーマに設立された企業である。 現在のメインとなっている事業は1アプリ完結家庭教師スキルシェアサービス「ポケットスタディ」である。これは、日本初の家庭教師スキルシェアサービスであり、有名大学の現役大学生からオンラインで授業を受けることができる。 ヘルスケア領域に関しては遠隔心臓リハビリテーションシステムの開発中である。前述の教育事業において培ったアプリケーションを含めたシステム開発の知見を活かし、外来心臓リハビリを自宅で行うことのできる心臓リハビリ用の治療用アプリの開発に取り組んでいる最中である。これには運動療法のみならず、日々のバイタルデータの共有、生活食事管理、AIによる通知・チャット機能などの行動変容を促す機能が搭載されており、これを利用して包括的な心臓リハビリテーションの提供が可能になるとしている。なお、関連特許出願済みであり、東京都より第2種医療機器製造販売業の許可も取得済みである。2022年3月には、システム開発と臨床研究を進めていくべく、新株予約権の発行によってCoral Capitalからの1億円の資金調達を行っており、今後の発展が期待される。
          株式会社CaTe

          株式会社Smart相談室

          「従業員の『モヤモヤ』を解消し、日本の生産性を向上させる」をミッションに掲げるスタートアップ企業。株式会社SmartHRの100%子会社として2021年に設立。従業員が「メンタル不調になる前」にサポートするサービス「Smart相談室」を展開している。産業カウンセラーやキャリアコンサルタントなど、幅広い分野のカウンセラーが在籍していることから、それぞれの悩みに合わせた相談を行うことができることを強みとしている。精神疾患患者数が平成29年400万人と増加傾向の中、コロナ前は職場ストレスが58%だったのに対し、コロナ禍で更にプライベートな問題のストレスが増加していることや、25%の企業においてメンタルヘルス不調で休職・退職をした人がいる中、相談することで60%以上の方がストレスの解消を実感したという事実から、同サービスを通じて、社会に新しい価値を提供し、1人でも多くの従業員が笑顔になるように、そっと背中をおして行くことを目指している。
            株式会社Smart相談室

            株式会社スクリエ

            2018年4月に、口腔外科の歯科医師、岡本孝博 氏によって創業された京都大学発スタートアップ。京都大学国際科学イノベーション棟に本社を構える。2020年10月に、「ケアテックグランプリ2020ファイナリスト」に選考され、2021年12月には、「創業手帳」の注目企業として掲載される。事業は、口腔領域のDXを推進。特許を取得した口腔内撮影ミラーを使ったオンライン歯科健診サービス「HAKKEN」の開発を進め、2023年の販売開始に向けて、2022年9月頃から団体向けのテストを予定。同サービスはスマートフォンに同社の口腔内撮影ミラーを取り付けて使用することで、自宅からでも利用することができ、利用者は歯科医院で治療を受ける必要があるかどうかが分かる。撮影に関しては、子ども1人でも可能。「HAKKEN」が普及することによって、国民皆歯科健診を見越した歯科人材不足の問題も解決することが期待される。歯科医師・歯科衛生士にオンラインを利用した新しい働き方を提供し、地方と都市間の医療格差を解消。また、利用者が撮影した口腔内画像を集めて、「画像歯科AI」の開発をすることで、歯科健診を自動化することも目指す。
              株式会社スクリエ

              WHITE CROSS株式会社

              2015年設立。東京都に本社を置く国内最大規模の歯科医療プラットフォーム。「歯科医療の社会的価値を高める」ことを目指す。歯科医師向けのプラットフォーム「WHITE CROSS」の登録者数は、2021年10月時点で5万人を突破し、全国約10万人の歯科医師のうち、4人に1人が利用。歯科に関する臨床・経営・イベントなどの情報を発信する。そのほかに、歯科スタッフ向けメディア「dStyle」も運営する。これら2つのプラットフォーム事業の会員基盤を活用したマーケティング・プロモーション支援事業「WHITE CROSS 広告」では、広告やアンケート調査、セミナーの集客などを行う。学会やセミナーのオンライン開催を支援する「WHITE CROSS 学会」では、様々なオプションサービス提供し、通訳手配やスタジオ収録・編集も可能。また、歯科における人材事業も手掛け、歯科医師と他の歯科医療従事者を対象にそれぞれ、「WHITE CROSSの歯科医師求人」、「デンタルスタイル」という転職・支援サービスを行う。歯科ディーラー向けには、「歯科ディーラーSaaS」を通して、サービスやDXのノウハウを提供する。
                WHITE CROSS株式会社

                株式会社BiPSEE

                2017年に設立。社名のBiPSEEは「Bio-Psycho-Social-Eco-Ethical Model」を表し、心療内科医の臨床経験を活かしたVRデジタル治療サービスの開発を行う。提供する「BiPSEE Kids (BiPSEE医療XR)」は治療を受ける子ども向けの治療支援システムであり、ARが徐々にVRに変化することで、治療から意識を逸らし、治療の不安や痛みを軽減することが可能。必要な機器は専用スマートフォンとゴーグルの2つだけであり、操作は、ボタン1つと画面のタッチのみ。「BiPSEE Rumination」は、過去の失敗に対してネガティブな考えを繰り返す「反すう」思考を遠ざけるVRアプローチ。臨床研究中であり、医療機器承認を目指す。「うつ病治療VR製品」として事業化が進められており、2022年4月、抗不安薬・抗うつ薬の販売を行うMeiji Seika ファルマ株式会社と業務提携契約を締結。薬事承認取得に向けた研究開発のサポートが行われる。2022年4月、スクラムスタジオ株式会社が主催するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」の第2期スタートアップ企業に採択。
                  株式会社BiPSEE

                  株式会社DigiZ

                  2019年3月14日に設立。東京都に本社を置き、歯科医療従事者向けの動画配信プラットフォーム「DENTAL WIDGET」の運営を行う。「DENTAL WIDGET」は2020年9月4日にサービスを開始し、コロナ禍の状況下で対面での学習機会減少によってウェブセミナーの需要が拡大したことや業界初となるウェブセミナー見放題プランを導入したことなどによって、2021年10月には登録会員数が1,000名を突破する。動画やセミナーの講師は著名な歯科医師によって行われ、インプラント治療や口腔内スキャナーのレビューのような臨床系のコンテンツから、歯科医院を経営する上でのマネジメント・Webマーケティング、若手歯科医師向けに歯科業界で活躍する方法などについても扱う。また、動画の配信については、配信者は3つのプランに応じた月額管理料等を支払うが、視聴された動画等に応じて60%以上の報酬が還元されるという仕組みを持つ。そのほかの事業としては、歯科医療従事者向けのキュレーションサービス、歯科情報サイトのローンチに向けての開発や、小規模から大規模でのセミナー・ウェビナーの主催あるいは開催支援を行っている。また、セミナーの開催やサポートを通じて人材事業等にも取り組む。
                    株式会社DigiZ

                    ワンディー株式会社

                    2017年設立。東京都に本社を置く、日本最大規模の歯科医療プラットフォーム。2018年に社名を「Dentability」から変更。「良質な情報を集積し、歯科医療者に最適な形で届ける」ことで、「歯科医療の価値を最大化する」ことを目指す。2021年4月時点で、会員登録者数は4万名を超える。運営するメディア「1D」は、「歯科ニュース」、「歯科セミナー」、「歯科講義動画」、「歯科グループ」、「歯科用語集」の5種類の機能を持つ。「歯科ニュース」では、臨床・歯科医院経営に関するトピックや歯科衛生士の日常を描いたマンガなどを連載。「歯科セミナー」・「歯科講義動画」では、臨床家・研究者を講師として、専門的な臨床・学術情報を発信。「歯科グループ」では、興味のあるグループに参加して他の会員とコミュニケーションを取ることが可能。 アプリ開発も行い、歯科医療者専用のSNSアプリ「1D」や歯科医師国家試験対策アプリ「1D歯科国試」、歯科衛生士国家試験対策アプリ「1D歯科衛生士」もリリース。また、多くが個人事業主である歯科医師を中心とした会員基盤を活用して、企業向けのマーケティング事業も手掛る。企業のニーズに合わせて、柔軟にマーケティング支援のプランを提案。
                      ワンディー株式会社

                      株式会社soeasy

                      2016年設立。国内最大級のライフハック動画メディア「soeasy」とスマホマニュアル動画「soeasy buddy」を提供する。「soeasy」では、役立つアイデアを15秒の動画に収めて、自社サイトやSNS「TikTok」・「Instagram」、「Youtube」、「Yahoo!」で発信。2022年3月には、Youtubeチャンネルの動画が合計再生回数77,777,777回を突破。ノウハウを活かして、企業や政府機関のプロモーション動画の製作・運用代行も行う。「soeasy buddy」では、動画等でアイデアをやノウハウを共有するサービスを提供する。美容サロン向けには「soeasy buddy for beauty」、歯科医院向けには「soeasy buddy for dental」を展開。動画・PDF書類によるマニュアルを作ることで、スタッフへの教育時間削減・スタッフの成長促進・離職率低下等によってコストを削減し、サービスレベル向上も図ることが可能。機能としては、分類ができるフォルダ機能、院内の情報共有・コメント等が可能なSNSタイムライン機能、スタッフによる動画視聴の進捗度の把握が可能な管理機能がある。
                        株式会社soeasy

                        トレジェムバイオファーマ株式会社

                        2020年5月に、高橋克・喜早ほのか・高谷宗男の3人によって設立された京都大学発のスタートアップベンチャー。作製したマウス抗USAG-1抗体を歯数が少ない遺伝子欠損マウスに1回投与することで、歯の数に回復が見られたという、共同創業者の1人、京都大学歯科口腔外科の高橋克准教授が行った研究成果をもとに、歯の再生治療薬の研究開発を行う。開発候補物とするヒト化したマウス抗USAG-1抗体の1つは予備毒性試験が終了し、ヒト臨床治験に向けて製造方法・精製の検討、安全性試験を準備中。遺伝性の先天性無歯症の患者、部分無歯症によって永久歯がないと判明した子ども、むし歯や歯周病で歯を失った患者に、段階的に治療薬があることを提案し、「自身の歯で咬めることによる健康寿命の延伸を追求し、世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献」することを目指す。2021年11月に、ウェルエイジング経済フォーラムが主催する「エイジテック2021アワード」において優秀賞を受賞。2022年3月にも、「第61回京都市ベンチャー企業目利き委員会」においてAランクの認定を受け、同月に、京都信用金庫による「京信・地域の起業家アワード」の優秀賞を獲得。
                          トレジェムバイオファーマ株式会社

                          SheepMedical株式会社

                          2017年に、株式会社デンタルアシストとして設立。歯科技工物の製造販売を中心としていたが、2021年にヘルスケア領域に参入する際に商号を変更。同年、腸内細菌検査サービスを提供する株式会社マイクロバイオータ、デジタルマーケティング業務を行う株式会社CONTEEを吸収合併。中国やアメリカ、インドなどに子会社を設立し、海外展開も行う。三井住友銀行より「SDGs推進融資」を受けるなど、SDGs事業に積極的であり、女性活躍企業指標「えるぼし」の3段階目認定取得や多様性を尊重する行動基準を定めるなどガバナンス向上にも取り組む。「未病」をキーワードに、事業では、歯科技工物製作及び歯科医療のDX推進を行う「デンタル事業」、歯の状態を確認するアプリ「ハオシル」・技工物発注システムなどを開発及び提供する「メディカル&デンタルDX」事業、インソールの開発や足の健康を扱うサイト運営をする「バイオメカニクス」事業、腸内細菌検査やサプリメントを提供する「腸内細菌」事業を行う。R&D部門では、細胞表面センサーや口腔内・腸内細菌叢についての研究開発、骨リモデリング関連の共同研究を東京大学や大阪大学と行う。
                            SheepMedical株式会社

                            歯っぴー株式会社

                            2018年に設立した熊本県のデンタルテック企業。口腔の健康度を定量化し、口腔ケアを行うことで、全身の健康の価値を目指す。熊本県次世代ベンチャー創出コンソーシアムが主催する2018年度熊本テックプラングランプリ特別賞を受賞。2020年9月には、宮崎市と先端技術を活用する共同研究契約を締結。開発する製品は、歯垢・歯石検出ライト「Dental Light」。同製品はくまもと健康志向型プロダクツ認定製品(R0201)であり、クラウドファンディング「CAMPFIRE」で300人弱の支援を受け、目標金額30万円を達成。光誘導蛍光定量法(QLF法)を使うことで、歯の表面に存在し、1mg中に億単位の細菌が存在するという歯垢(プラーク)を赤く発光させて可視化。歯垢・歯石が溜まる部分を重点的にブラッシングすることで、磨き残しをなくす。使用方法はスイッチボタンを押しながら、歯から2cm以内で照射するのみ。幼少期の子どもが正しい歯磨きができているかの確認をすることができ、子育て中の親の悩みの1つを解決する。また、AIを利用した歯周病判定スマホアプリ「Dental Status」の開発も行っており、従来の物理的な歯周病検査に伴う痛みを解消する。
                              歯っぴー株式会社

                              エミウム株式会社

                              株式会社カブクを設立し、3Dプリンティングによるデジタル製造プラットフォームを立ち上げた稲田雅彦氏によって、2020年11月に設立。「歯科医療・歯科技工の原動力を生み出すインフラをつくる」ことを目指すデンタルテックスタートアップであり、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)の第5回「1stRound」や株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)の「UTEC Founders Program」に採択される。提供するサービスは、歯科技工物のデジタル設計・製作を行う「エミウム デンタルラボ」(2022年5月より、テスト版を運用中)。同サービスは、歯科技工士・歯科技工所向けのサービスであり、ネットで簡単に見積り・発注、短納期・送料無料を特徴とし、歯科技工所の業務効率化・利益向上や歯科技工士の長時間労働問題の解決を図ることができる。製品は、3Dスキャナーやミリングマシン、3Dプリンターなどを活用した保険適用のCAD/CAM冠、ジルコニア補綴物であり、熟練の歯科技工士が品質管理・検査が行われ、トラブルが生じた場合でもサポートスタッフによるフォローが行われる。
                                エミウム株式会社

                                メディホーム株式会社

                                2018年設立。東京都に本社を置く。掲げる理念は、「医療、製薬業界の発展に寄与する」「世の中に役立つ新技術の開発 全ステークホルダーへの利益の追求」。法人向けの人体埋込み型マイクロチップのソリューション開発、医療現場のためのX線AI診断の開発を行う。人体埋込み型マイクロチップ事業に関しては、スウェーデンのBIOHAX社と提携し、同社の日本ブランチである。マイクロチップは、ISO14443 TypeA準拠のNFCチップを採用。既に国内で、スマートロック・自動車・スマートフォンとの連携及びシェアリングサイクリングの利用にマイクロチップを活用しているが、今後、医療現場・決済サービス・個人認証等への導入も目指す。X線AI診断では、歯科パノラマX線写真上のう蝕・根尖病変・根分岐部病変・嚢胞といった病変の検知や特定領域の抽出、胸部X線写真上の結節等の病変の検知が可能。このうち、歯科パノラマエックス線診断AIについては、画像の読影時間が1枚あたり0.018秒程度であり、ベテラン歯科医師の平均よりも6000倍速く診断することができる。2021年6月、国内で初めて、写真から病変や歯式情報を検出するサービスの提供を開始。
                                  メディホーム株式会社

                                  株式会社コーチェット

                                    株式会社コーチェット

                                    株式会社アイセック

                                    株式会社アイセックは新潟大学発のベンチャー企業である。 当然その構成者はほとんどなんらかの形で新潟大学に関わっており、ロゴの作成すらも新潟大学の准教授に依頼したようである。 企業としては健康経営に重きを置いた事業展開をおこなっており、「次の世代に継承していく革新的かつ有益なデータ分析をもとに科学的エビデンスを確立し、長寿で健康な生活と環境の質の向上に寄与します」としている。 具体的にはデータ分析支援と健康教育の2事業をメインで展開している。 前者については「医療保険者(企業健保・自治体国保・協会けんぽ)などのデータヘルス計画の遂行や、企業の健康経営推進をサポートします。新潟大学医学部内科の教授との連携により、健診・医療データの分析を実施。医学的知見に基づき、健康づくりや医療費抑制のための事業運営を支援します。」、後者については「企業・組合・自治体などで実施されている健康教育事業を、セミナー開催のみで終わらせず、受講者(従業員・組合員・職員)の知識レベル向上、そして明日からの健康行動につなげていきます。 1.事前アンケートで、教育前の知識レベルや関心度、生活習慣などを把握 2.研修後のアンケートで、理解度や満足度を計測 3.数日後にフォローアップを実施。知識の向上度や行動変容を調査 4.最終的には健康教育の投資対効果を検証 」としている。
                                      株式会社アイセック

                                      シミックソリューションズ株式会社

                                      シミックソリューションズ株式会社(元シミックキャリア株式会社)はアウトソーシング事業(製薬業界向けオンサイト業務受託)、製薬業界向け人材派遣事業・人材紹介事業の3領域を展開。また、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社が扱っていた患者支援商品・サービスも継承しており、自己採取子宮頸がんウイルス検査「SelCheck パピア」や、20年以上も名前を変えながら運営されてきた健康ポータルサイト「HelC」などを管理。
                                        シミックソリューションズ株式会社

                                        株式会社アクシスメディコ

                                          株式会社アクシスメディコ