アクシスイノベーション株式会社

    アクシスイノベーション株式会社

    harmo株式会社

    harmo株式会社は、シミックグループがharmo(ハルモ)ブランドで展開している電子お薬手帳、ワクチンケアシステムをはじめとしたデジタルプラットフォーム事業を担う新会社として、2021年10月より営業開始となった企業である。harmoお薬手帳はソニー株式会社で開発されたサービスで、2019年6月にシミックグループが承継することとなった。その後、同グループは電子お薬手帳のさらなる普及だけでなく、予防接種過誤防止および接種記録のための「harmoワクチンケア」の開発、新型コロナワクチン接種記録ならびに接種間隔遵守や接種後のフォローアップを容易に行える「harmoワクチンケアwithコロナ」を開発し、現在約20を超える自治体で導入されている。ヘルスケアに革新をもたらすという志のもと、harmo事業をシミックグループ全体の中核事業と位置づけ、これまで以上に積極的にharmoサービスの開発・展開を加速させる必要があると判断され、分社化が決断された。
      harmo株式会社

      シミック・アッシュフィールド株式会社

      シミック・アッシュフィールド株式会社は、国内CROのリーディングカンパニーであるシミックグループと欧州最大のCSO企業であるAshfield社(本社:英国)を有するUDGヘルスケアグループの合弁会社として2014年に誕生。人と人が実際に面会する対面チャネルと、webや電話などのメディアを通じて情報提供・収集などを行うリモートチャネルを介して、多様な経験を持つ多様な人材それぞれの高い専門性を活かしながら、ヘルスケア企業 - 医療従事者・患者さん間の医療・医薬に関する情報コミュニケーションを支援している。マーケティングのパフォーマンスを向上させることを主眼とするコマーシャル領域、製品価値を最大限に活かすことを目指すノン・コマーシャル領域に事業領域を2分割し、前者のソリューションとしてMR人材派遣, リモートディテールなどを、後者のソリューションとしてはコンサルティング, MSLトレーニング, MAアカデミー, 患者さん支援プログラムなどを提供。
        シミック・アッシュフィールド株式会社

        シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社

        シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社は、2020年1月にサイトサポート・インスティテュート株式会社とシミックヘルスケア株式会社のM&Aにより設立された企業。SMO(治験施設支援機関)業務、ヘルスケア情報サービス等をはじめ、「くすりの一生から、ひとの一生まで」をコンセプトに医療関連施設を中心に総合的な支援を行っている。具体的なサービスとしては、SMO(治験施設支援機関)事業「SSIカンパニー」、医療従事者へのヒアリング・教育研修等を行う「メッドコンシェルジュサービス」、メディカルコールセンター、被験者募集、ICTやレセプト分析を活用した特定保健指導などを展開している。
          シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社

          株式会社ゲノン

          創業者である高原千晶氏, 高砂好氏は二人とも肌が弱いという共通点の下出会い2022年に創業。皮膚科診療をより良いものにするために、皮膚科のクリニック向けに医師・患者のコミュニケーションを円滑にするためのツールを開発している。具体的には、Hifu-Medという、治療経過及び症状の変化を記録する診療サポートツールの開発を行っている。現状、皮膚科の診察料は単価が低く、利益確保のためには患者数を増やさなければならない都合上診察にかけられる時間が短くなってしまっている。その影響で治療経過を追うことが難しく、また苦痛を訴えたい患者と症状についての客観的情報の欲しい医師との間のコミュニケーションギャップが生まれてしまっている。Hifu-Medを使うことで、症状の変化などを記録してもらい、短い時間でもスムーズな診察を行うことができるため患者との信頼関係が生まれ、結果として継続患者の増加にもつなげることができる、としている。21年8月:U-25 Kansai Pitch Contest Vol6 優秀賞受賞など含め、いくつかのピッチコンテストでの受賞歴を持つ。
            株式会社ゲノン

            株式会社志成データム

            電子機器、情報機器、医療機器の開発・製造
              株式会社志成データム

              CYBERDYNE Omni Networks 株式会社

              サイバニクス分野におけるIoH/IoTに関する通信事業、通信デバイス提供、及びこれに関連するサービス事業
                CYBERDYNE Omni Networks 株式会社

                株式会社World Life Mapping

                新世代のAIを活用したメンタルヘルスケアシステムを開発
                  株式会社World Life Mapping

                  スマートスキャン株式会社

                  脳の異常を早期発見できる検査を提供。
                    スマートスキャン株式会社

                    カノンキュア株式会社

                    肝疾患治療用細胞シートを開発
                      カノンキュア株式会社

                      PLIMES株式会社

                      嚥下機能の計測・モニタリング技術を研究・開発
                        PLIMES株式会社

                        株式会社ガイアバイオメディシン

                        ヒトの免疫細胞から新たながん治療薬を開発
                          株式会社ガイアバイオメディシン

                          株式会社サイフューズ

                          バイオ3Dプリンティング技術を有する。
                            株式会社サイフューズ

                            株式会社Jiksak Bioengineering

                            神経難病の筋萎縮側索硬化症(ALS)の治療法を開発
                              株式会社Jiksak Bioengineering

                              アドリアカイム株式会社

                              慢性心不全発症を抑制する迷走神経刺激デバイスの開発を行う。
                                アドリアカイム株式会社

                                株式会社LIFESCAPES

                                  株式会社LIFESCAPES

                                  株式会社レクメド

                                  ムコ多糖症や変形性膝関節症などの医薬品を開発
                                    株式会社レクメド

                                    クリングルファーマ株式会社

                                    HGFの組換えタンパク質の医薬品を開発
                                      クリングルファーマ株式会社

                                      朝日インテック株式会社

                                      朝日インテックは、ガイドワイヤーをはじめとするカテーテル治療用製品を開発・製造・販売しています。「ガイドワイヤー」をはじめ、「ガイディングカテーテル」、「バルーンカテーテル」といった、カテーテル治療に不可欠な医療機器を主力として開発・製造・販売を行っているのが朝日インテックです。 カテーテル治療に使われる製品には、直径わずか0.35mmという細さのものも。朝日インテックは、医療機器分野における卓越した開発力と製造技術で、日本国内のみならず、世界でも高いシェアを誇っています。
                                        朝日インテック株式会社

                                        母子モ株式会社

                                        「ICTの活用により”不安や負担”を軽減し”安心で簡便”な子育て社会を地域と共創します」というミッションを掲げ、子育て支援アプリである母子手帳アプリ「母子モ」と母子モを活用した子育て関連事業オンライン化支援事業である「母子モ 子育てDX」というサービスを展開している企業。「母子モ」は妊娠中の体重や赤ちゃんの身長・体重を発育曲線に自動でグラフ化したり、予防接種の管理やアラート機能を備えていることに加えて、住んでいる自治体情報も利用者にお届けしているサービスである。アプリ一つで妊娠から出産、育児までをフルサポートできる。「母子モ 子育てDX」は社会経済や国民生活の変容を見通し、デジタル技術やデータを活用したサービスの普及により地域における子育て支援を充実させることで、安全・安心で簡便な子育て社会を実現することを目指して自治体向けに子育て関連事業のオンライン化を支援しているサービスである。多様な社会であるからこそ、様々な子育て、教育、なりたい姿が存在していて、現在1,741ある自治体も、1,741通りの方法が存在するため、。どの自治体でも導入可能な統一したシステムとなっている「母子モ」を低コストで導入し、このようなシステムを活用しつつ、自治体ならではの子育て支援の取組みについて情報発信機能を通じて伝えたり、『母子モ 子育てDX』を活用して子育てに係る手続きを簡単で便利にしていくなど、『母子モ』という統一した仕組みを活用することで、一億通りの夢が実現できる、そのような入口となるサービスにしていくことを目指す。
                                          母子モ株式会社