株式会社リバーフィールド

手術支援ロボットの開発。東工大等発。
    株式会社リバーフィールド

    メディカルデータベース株式会社

    診療データの解析、医薬品情報データベースなど
      メディカルデータベース株式会社

      株式会社ユカシカド

      尿を用いた栄養状態検査
        株式会社ユカシカド

        スペシャリスト・ドクターズ株式会社

        リーズンホワイ株式会社として、がん患者さんへのオンライン・セカンドオピニオンサービス「Findme(ファインドミー)」、医療機関のウェブ型セカンドオピニオンサービス「Findmeホスピタル」、がん患者さんの心の悩みを解決する「Serendipity(セレンディピティ)」などを展開してきたが、これらの事業は2022年3月31日をもってアフラックグループのHatch Healthcare株式会社へ譲渡される形となった。4月1日より社名をスペシャリスト・ドクターズ株式会社に変更、妊婦さんの、安全で、自分らしい出産をしたいニーズに対して、インターネットを通じた産科専門医や医療機関をご紹介するサービス「スペシャリスト・ドクターズ」を提供することを発表した。
          スペシャリスト・ドクターズ株式会社

          株式会社OKAN

          社食サービスや組織改善サービス
            株式会社OKAN

            株式会社Mealthy

            健康保険組合向け特定保健指導サポートや健康経営サポートを実施。toC向けアプリの食事管理サポートアプリであるMealthyを活用しながら、特定保健指導をメインに事業拡大を行っている。創業後はPlug and PlayやデジタルガレージのOpen Network Labなどのインキュベーションプログラムに参加しながら初期ビジネスの磨き込みを行った。その後帝人ファーマやフィンテックグローバルなどから資金調達を行っている。
              株式会社Mealthy

              株式会社aba

              医療・介護・福祉分野を対象としたロボティクス技術の研究開発及びサービス提供を行う企業。同社は現代表の宇井吉美が千葉工業大学在学中に立ち上げた学生プロジェクトから始まっており、企業としては大学4年の2011年秋に設立された。創業以来、においで尿と便を検知する排泄ケアシステム Helppadの開発に取り組み続け、2019年製品化に成功。介護ベッド業界大手のパラマウントベッドとの協力もあり、排せつの記録作業の省力化、パターンを自動生成するデータシステムの開発、インターネットで閲覧可能なアプリの制作なども達成。2015年から介護ロボットが政府補助金交付対象になったことも追い風となり、現在Helppadは100以上の施設で利用される。代表の宇井は、2019年には文部科学省の「ナイスステップな研究者」に、2021年にはMITテクノロジーレビューの「Innovators Under 35 Japan 2021」にも選出された。2019年4月にはVC2社などから3.3億円を、2021年2月には福祉用具レンタル事業大手のヤマシタなどから1億円を調達。同年3月には事業会社が介護領域に参入する際の総合的な支援を目的とするチーム「ada lab」を立ち上げ、複数の企業を支えてきた。今後も「必要なときに必要なケアを届けるお手伝いをするケアテックカンパニー」として、ロボティクス技術を活かし、介護現場に必要とされている次世代プロダクトの開発、さらなる業務負担の軽減・ケアの質向上を実現する。
                株式会社aba

                株式会社TWO

                食品や入浴剤など健康関連商品を扱う
                  株式会社TWO

                  株式会社ZEN PLACE

                  ヨガ/訪問看護/開発
                    株式会社ZEN PLACE

                    株式会社 Moff

                    自社開発のウェアラブル端末「モフバンド」およびアプリでリハビリを可視化するサービスを提供する企業。介護施設向けIoTリハビリ支援サービス「モフトレ」を筆頭に、個別機能訓練業務の計画書作りから、トレーニング・記録・評価まで幅広い分野をカバー。認知症予防を目的とした健康増進プログラム「eコグニケア」も神戸大学と共同で提供している。同社の設立は2013年10月。設立当初、Moff Bandは「子どもが汗だくになって遊ぶ魔法のオモチャ」として位置付けられていた。アメリカのKicksrtarterというクラウドファンディングの仕組みで支援者1100人以上を集め、2014年10月より発売。Amazon電子玩具カテゴリーにて国内最高1位、米国最高2位を記録。2015年には、フィットネス・ヘルスケア分野でのゲーミフィケーション化を可能にするプラットフォームの強化を目的として、バンダイナムコエンターテイメント、ORSO、TomyKらを引受先とする総額1.6億円の第三者割当増資を実施した。その後は介護領域へとシフト。2016年にはウェアラブルIoTを活用した介護予防・リハビリ新サービスの共同開発を目的として、三菱総合研究所との業務・資本提携を発表。翌年同社を含む3社から3億円の資金調達を実施。また、2018年のSOMPOホールディングス、2020年のスパークス ・グループ株式会社を引受先とした第三者割当増資により総額7.6億円を調達した。
                       株式会社 Moff

                      株式会社eWeLL

                      訪問看護専用電カルの開発・販売
                        株式会社eWeLL

                        ハルメク・ベンチャーズ株式会社

                        家庭用検査キットなどを販売
                          ハルメク・ベンチャーズ株式会社

                          株式会社MMコーポレーション

                          病院向けの医療材料を提供している企業です。関東・関西にある4つのセンターで合計約20,000アイテムを常備しています。
                            株式会社MMコーポレーション

                            株式会社オクタウェル

                              株式会社オクタウェル

                              わたし漢方株式会社

                              専門家に相談したい人々と、薬剤師をつなぐオンラインチャット相談サービス「わたし漢方」
                                わたし漢方株式会社

                                株式会社エピグノ

                                エピグノは「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」の3つのサービスを提供する、東北大学発のSaaSベンチャー企業。 「エピタルHR」や「エピタク」は、スタッフのスキルを適切に評価し、教育・配置可能にし、どの現場でも課題だった「スタッフマネジメント」を解決することができる。また、スタッフの不安や不満、組織状態を可視化することで、スタッフのエンゲージメント・モチベーションを向上し、組織の活性化に繋がる。さらに、独自開発のAIアルゴリズムによるシフト自動作成により、シフト作成業務を効率化し、スタッフの希望やスキルセットに沿った公平なシフトを誰もが組むことができるようになる。 「エピオペ」はオペナースのスキルや経験を一元管理することによって、管理に関わる業務の負担を大幅に軽減し、手術への自動割付機能によりスタッフの経験情報をベースとし、医療安全を考慮した自動割付を実現できる。また、AIが複雑な条件を考慮し、オペナースのシフトを自動作成する。 エピグノは、サステイナブルな医療・介護システムを構築するために、医療・介護従事者の人材マネジメント、医療・介護機関の経営健全化をはかっている。多くのエンジニア、医療・介護従事者を自社に持ち、実際の現場で本当に価値のあるもの、お客様が本当に感動するものを目指している。
                                  株式会社エピグノ

                                  株式会社cotree

                                  「やさしさでつながる社会をつくる」をビジョンに、「ひとりひとりが自分の物語をよりよく生きるための支えとなる」をミッションに掲げながら、支え合い、育て合うつながりを生み出すことを目指して、「メンタルヘルス x IT」の領域で事業を展開している。2014年の設立以来、個人向けオンラインカウンセリングサービス 「cotree (コトリー)」、個人向けコーチングサービス 「cotreeアセスメントコーチング」、団体向けオンラインカウンセリングサービス 「cotree法人・団体向けプラン」を提供。2022年6月現在、累計利用数は100,000件にのぼる。「cotree」は日本最大級のオンラインカウンセリングサービスとなっている。 2021年11月には、創業者の櫻本真理氏が働く女性のキャリアとライフスタイルを応援する実用情報誌「日経WOMAN」主催の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2022」において、「心の揺らぎサポート賞」を受賞。 「誰もが自分の決断を肯定し、自分らしいと思える道を歩んでいける」社会を実現するために必要なことを再定義し、人生の物語に伴走する社会インフラを築き上げていくことを目指す。
                                    株式会社cotree

                                    GCストーリー株式会社

                                    看板・屋外広告のプラットフォーム
                                      GCストーリー株式会社

                                      データインデックス株式会社

                                      医薬品情報データベース
                                        データインデックス株式会社

                                        医療法人社団ナイズ

                                        CAPSが運営会社
                                          医療法人社団ナイズ