TOP>
モバイル分娩監視装置 iCTG2018 ~ 現在メロディ・インターナショナル株式会社

ターゲット: 医療機関ソリューション: デバイス
対象疾患: フェムテック

遠隔分娩監視装置「iCTG」(商品名:「分娩監視装置iCTG」&周産期遠隔医療プラットフォーム「Melody i」)は、ワイヤレスで、診断レベルで使える世界初のモバイル分娩監視装置である。充電式の計測装置2個とベルトで構成し、タブレット端末につなげばリアルタイムにデータを確認したり、遠隔地の医師に転送したりすることが可能だ。

URL: melody.international/products-service/lineup.html

運営企業

メロディ・インターナショナル株式会社

メロディ・インターナショナル株式会社は医療と健康をICTによって支え、「世界中のお母さんに、安心・安全な出産を!」というスローガンのもと、遠隔医療サービスにかかるプラットフォームと医療機器の製造、開発および販売する企業である。本社所在地は香川県高松市で、代表取締役は尾形優子である。主な製品の遠隔分娩監視装置「iCTG」(商品名:「分娩監視装置iCTG」&周産期遠隔医療プラットフォーム「Melody i」)は、ワイヤレスで、診断レベルで使える世界初のモバイル分娩監視装置である。充電式の計測装置2個とベルトで構成し、タブレット端末につなげばリアルタイムにデータを確認したり、遠隔地の医師に転送したりすることが可能。 主に妊娠後期にお産の兆候の有無や、胎児発育不全などの異常を確認し、近隣に通院できる産婦人科がない妊婦が高頻度で遠方まで通院する負担の軽減につながる。特に新型コロナウイルス下では妊婦の通院頻度を下げるのにも役立った。また、これまで困難とされてきた、妊婦の救急搬送時のデータ共有も可能となった。国内では130の医療機関に導入され、海外ではタイ・チェンマイの全ての公立病院やブータン王国全土への納入など、100ヶ国程度での運用実績がある。
    メロディ・インターナショナル株式会社

    記事

    記事がありません

    ニュース