TOP>
イチロウ2019 ~ 現在株式会社LINK

ターゲット: toCソリューション: 専門家マッチング
対象疾患:

オンライン上で介護士をマッチングし派遣するオーダーメイドサービス。公的介護保険では支援が受けられない在宅介護ニーズに対していつでも対応している。チャット機能、カスタマーアプリ、要介護認定一次判定シミュレーター、介護士・看護師用オンライン学習機能など、役立つ機能のアップデートが重ねられている。

URL: ichirou.co.jp/

運営企業

株式会社LINK

オーダーメイド介護サービス「イチロウ」の運営を主軸とする、2017年設立の企業。シードアクセラレータープログラム「Open Network Lab」16期生に採択され、2018年4月に行われたDemo Dayでは「イチロウ」の原型となる介護コンシェルジュ「Hale(ハレ)」を発表しオーディエンス賞を受賞。これらをきっかけとしてOpenNetworkLab社から支援を受けることとなった。2019年には「イチロウ」が開始された。公的介護保険では支援が受けられない在宅介護ニーズに対して、オンライン上で介護士をマッチングし派遣するサービスである。2020年10月には、システム開発のための人材採用やマーケティングへの投資を目指し、第三者割当増資による6500万円の調達を発表した。2021年8月には東邦ガス株式会社との連携を発表、同社が展開するライフサービスプラットフォーム「ASMITAS」の新サービス「ミタスケア」に「イチロウ」のマッチングシステムが導入された。9月にはイチロウ関連サービスとして要介護認定一次判定シミュレーター、カスタマーアプリの提供を開始。この頃「イチロウ」はサービス提供開始から約2年半を迎え、4,500回以上のマッチングを実施、99%以上のマッチングが成功しているという状況であった。同年11月には、プレシリーズAラウンドとして、既存投資家3社に加え新たに2社を迎え、政策金融公庫の融資を含めた総額1.05億円の資金調達を実施した。
    株式会社LINK

    記事

    記事がありません

    ニュース

    ニュースはありません