萩原 悠太

株式会社PREVENT
代表取締役

経歴

株式会社PREVENT 代表取締役。 名古屋大学医学部保健学科卒業後、同大学院医学系研究科へ進学。大学院では、「オンライン心臓リハビリテーションの実用化」に向けた研究に取り組む。2013年より医学研究所北野病院にて現場医療での診療業務に従事。心臓リハビリ分野でのICTの応用を自らの専門領域とし、2014年には日本心臓リハビリテーション学会のシンポジストを務めた。その後、アカデミアの知見を社会へ還元すべく名古屋大学へ復帰し、2016年7月に株式会社PREVENTを創設し、代表取締役に就任。

所属企業

株式会社PREVENT

2016年に創業した、愛知県に本社を置くデジタルヘルススタートアップ。Myscope, Mystarの2つの事業を進める。 Myscopeは⽣活習慣病・⾎管病発症リスクが予測できる医療データ解析サービス。同社の重症化予測モデルを用いることで、レセプトデータならびに特定健診結果より、加入者一人ひとりの5年以内の重症化イベント発生率を算出し、重症化予防事業での「1.重症化リスクの高い対象者を抽出」「2.介入効果を評価」する。この上でMyscope+において保健事業をはじめとした施策実施に向けたアドバイス、提案を行う。 Mystarはかかりつけ医・主治医と連携を図りながらモニタリング機器を利⽤し、医療専⾨スタッフから健康づくりの個別指導を提供するサービス。ユーザー一人ひとりにモバイルアプリとライフログのモニタリング・デバイスを使用してもらい脈拍や歩数、塩分摂取量などのライフログをアプリに同期することで医療専門者が分析を行い、一人ひとりに最適化された健康づくりプランを提案する。あわせて約2週間に1回のペースで、医療専門者との電話面談を行い、モチベーションを保つほか医療専門者が一人ひとりの生活習慣や状況を考慮し、最も学習効果が高くなるタイミングで学習教材を送信する。なお、対象疾患は脳こうそく、心筋こうそく・狭心症、高血圧症、脂質異常症、糖尿病であり、通院中の患者のみがサービスを受けられる。
    株式会社PREVENT

    記事

    ニュース

    PREVENTの提供する生活習慣改善支援プログラム「Mystar」、住友生命の団体3大疾病保障保険への新付帯サービスとして導入

    株式会社PREVENTのプレスリリース(2022年9月2日 14時00分)PREVENTの提供する生活習慣改善支援プログラム[Mystar]、住友生命の団体3大疾病保障保険への新付帯サービスとして導入
    株式会社PREVENT
    PREVENTの提供する生活習慣改善支援プログラム「Mystar」、住友生命の団体3大疾病保障保険への新付帯サービスとして導入

    JAXA「THINK SPACE LIFEアクセラレータプログラム」 、JAMSSの健康管理支援サービス開発パートナーに選定

    株式会社PREVENTのプレスリリース(2022年7月22日 13時00分)JAXA[THINK SPACE LIFEアクセラレータプログラム] 、JAMSSの健康管理支援サービス開発パートナーに選定
    株式会社PREVENT
    JAXA「THINK SPACE LIFEアクセラレータプログラム」 、JAMSSの健康管理支援サービス開発パートナーに選定

    甲南女子大学とPREVENTが生活習慣病重症化予防に関する共同研究成果を報告

    株式会社PREVENTのプレスリリース(2022年7月8日 14時30分)甲南女子大学とPREVENTが生活習慣病重症化予防に関する共同研究成果を報告
    株式会社PREVENT
    甲南女子大学とPREVENTが生活習慣病重症化予防に関する共同研究成果を報告

    オンライン完結型の生活習慣病重症化予防事業を提供するPREVENTが大分県における令和3年度データヘルス推進事業を受託

    株式会社PREVENTのプレスリリース(2021年11月22日 10時00分)オンライン完結型の生活習慣病重症化予防事業を提供するPREVENTが大分県における令和3年度データヘルス推進事業を受託
    株式会社PREVENT
    オンライン完結型の生活習慣病重症化予防事業を提供するPREVENTが大分県における令和3年度データヘルス推進事業を受託

    茨城県鹿嶋市・住友生命保険相互会社との三者間包括連携協定を締結

    株式会社PREVENTのプレスリリース(2021年11月10日 14時59分)茨城県鹿嶋市・住友生命保険相互会社との三者間包括連携協定を締結
    株式会社PREVENT
    茨城県鹿嶋市・住友生命保険相互会社との三者間包括連携協定を締結