梅北卓男

株式会社ベネフィット・ワン
取締役常勤監査等委員

経歴

1981年4月 株式会社鹿児島銀行入行 1984年4月 法務省鹿児島地方法務局入庁 1986年4月 同省福岡法務局 1989年7月 国際デジタル通信株式会社(現株式会社IDCフロンティア)入社 2003年7月 株式会社パソナ法務室長 2007年12月 株式会社パソナグループ執行役員法務室長 2008年9月 同社執行役員法務室長兼内部統制室長 2018年8月 株式会社パソナ監査役 2019年6月 株式会社ベネフィット・ワン取締役常勤監査等委員(現任)

所属企業

株式会社ベネフィット・ワン

株式会社ベネフィット・ワンは、「人と企業を繋ぐ新たな価値の創造を目指しサービスの流通創造を通して人々の心豊かな生活と社会の発展に貢献しよう」という企業理念を掲げ、企業の経営課題解決や消費者の利用満足度向上に資する事業を展開しいる企業。具体的には、同一労働同一賃金/ニューノーマルへの対応を実現する働き方改革、従業員の健康サポートによる生産性向上を実現する健康経営、データ活用による生産性の向上を実現するデジタル化の主に3つを軸に企業のHRDXの支援事業を行っている。企業の人事部門では今後ますます人事労務関連のアウトソーシングサービス活用が進むとともに、人事・健康データを整理してマネジメント活用するHRDXへの対応が重要な経営課題となる見通しで、ベネフィット・ワンでは、福利厚生やヘルスケアなどのアウトソーシングサービスはもとより、人事労務関連の多様なアウトソーシングサービスと連携して人事・健康データの管理・活用を可能とする基盤「ベネワン・プラットフォーム」を開発しており、今後は同基盤を広く普及させ、利用促進することを中長期の中核戦略として取組み、顧客企業の人と組織のパフォーマンス向上を通じて社会に貢献していく所存だ。2004年9月にJASDAQ証券取引場に上場、2006年3月に東京証券取引所市場第二部に上場、2018年11月に東京証券取引所市場第一部に上場している。
    株式会社ベネフィット・ワン

    記事

    データがありません。

    ニュース

    ベネフィット・ワン 中小企業で働く従業員の健康支援を強化 産業保健支援サービス『産業保健まるっとパック』 8月1日より販売開始

    株式会社パソナグループのプレスリリース(2022年8月1日 13時30分)ベネフィット・ワン 中小企業で働く従業員の健康支援を強化 産業保健支援サービス『産業保健まるっとパック』 8月1日より販売開始
    株式会社ベネフィット・ワン
    ベネフィット・ワン 中小企業で働く従業員の健康支援を強化 産業保健支援サービス『産業保健まるっとパック』 8月1日より販売開始

    ベネフィット・ワンとセイコーエプソン 特定保健指導領域での新サービス開発・提供に向けて協業を開始

    株式会社パソナグループのプレスリリース(2022年3月23日 13時00分)ベネフィット・ワンとセイコーエプソン 特定保健指導領域での新サービス開発・提供に向けて協業を開始
    株式会社ベネフィット・ワン
    ベネフィット・ワンとセイコーエプソン 特定保健指導領域での新サービス開発・提供に向けて協業を開始

    ベネフィット・ワン jinjerとHRTech領域で連携

    株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石徳生)は、jinjer 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 加藤賢)と HR Tech 領域で連携し、人事・総務部の業務効率化支援を目的に、ベネフィット・ワンが提供する「ベネワン・プラットフォーム※1」と、jinjer が提供するバックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャー※2」のデータ(CSV)連携に向けた協業を 4 月より開始します。
    株式会社ベネフィット・ワン
    ベネフィット・ワン jinjerとHRTech領域で連携

    ベネフィット・ワンとJTBが協業

    株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石徳生)と株式会社 JTB (本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員 山北栄二郎)は、2021年 8 月に締結した事業提携契約に基づき、相互のサービス・顧客ネットワークを活かした協業を 4 月 1 日(金)より開始いたします。
    株式会社ベネフィット・ワン
    ベネフィット・ワンとJTBが協業