星 直人

ユニファ株式会社
取締役 / CFO

経歴

2007年に、外資系証券会社であるモルガン・スタンレー証券の投資銀行本部に入社。東京・ニューヨークオフィスで約12年間勤務。テクノロジー・金融・コンシューマー領域を中心に、国内の経営統合案件や米国関連のクロスボーダーM&A案件を主導。一般的なM&A業務に加えて、アクティビスト対応や企業価値向上策に関するアドバイザリー業務にも従事。2019年にユニファへ参画し、CFOとして財務戦略や各種戦略的施策を主導。

所属企業

ユニファ株式会社

「家族の幸せを生み出すあたらしい社会インフラを世界中で創り出す」という言葉を掲げ、子どもともっと向き合う豊かな環境を整える保育施設向け総合ICTサービスである「ルクミー」とさまざまな記録管理の負担を軽減し、先生が子どもたちと向き合う余裕をもっと増やすICTサービス「キッズリー」の運営を行う企業。「ルクミー」シリーズは、データ連携を強化し、登降園状況や検温、睡眠、食事、排便などのデータや、ルクミーフォトで撮影した写真が自動で集約され、帳票や連絡帳へ自動転記される。これにより、保育関連業務をDXし、業務負荷の大幅な削減を実現し、保育者の心と時間のゆとりの創出を目指す。また、創出できた時間によって保育者にとって重要な子どもと向き合う時間を増やし、写真ドキュメンテーション作成機能の提供により、保育者同士で子どもたちの成長に関する気づきをさらに共有しやすい環境を作り、豊かなコミュニケーションを増やすことで、保育者のやりがいの創出や保育の質の向上にも貢献する。「ルクミー」シリーズの累計導入数は2022年7月時点で13,000件を超えており、全国56か所の自治体へ導入されている。「キッズリー」は園児の登園・遅刻・欠席状況を、保護者と保育園のそれぞれが持つアプリによって、毎日スマートに管理できるサービス。朝の忙しい時間を、より有効に活用できる。保護者のスマホから打刻できるから打刻待ち行列ができず、また利用料金無料で始められるサービスである。2021年6月には、IoTやAIを活用した保育支援サービス「ルクミー」シリーズや新規事業に関わるプロダクト開発費用、さらなる顧客施設拡大に向けた営業・マーケティング費用、優秀な人材の獲得費用、M&A等に使用し、事業基盤・経営基盤を強化することを目的に40億円の資金調達を実施した。
    ユニファ株式会社

    記事

    データがありません。

    ニュース

    データがありません。